魔物使いの夜

純度の高いブログ。

4コマgramについて、個人的総括。【後半】

今話題になりつつある(のかは分からないが)4コマgram について の記事である。

前半記事 では、私が4コマgramについて抱いていた疑問点などを挙げたが 後半では 9月15日以降の4コマgram 訴訟騒動や それに関する4コマgram の明らかな問題点について語る。

 

  • 初めての方へ
    • 【4コマgramって?】
    • 【お前だれ?】
    • 【何があったの?】
  • なぜ 批判する流れになったのか
    • 特定のユーザーへの対応 にも疑問が生じた。 
    • 奇妙な 運営とユーザーのやりとり
  • 9月15日の夜、突然の宣戦布告
    • 詳細
      • 暴走が 飛び火していく 
  • 結局、何が言いたかったの?
  • 最後に

 

初めての方へ

今回の件について よく知らない方もいると思うので、4コマgramについて、そして筆者と4コマgramの関係性について かいつまんで説明したいと思う。

【4コマgramって?】

"4コマgram" は 株式会社ナックルボールが運営する 4コマ漫画 専用SNSで、最大の特徴として 面白い4コマを投稿し続ければプロ作家に認定され 広告収入の一部がもらえる "ギャランティープログラム"がある、A氏などの有名作家も 登録・投稿している。

しかし、ギャランティ利用規約等が 不透明だったり、運営のTwitterでの問題行動によって、一部ユーザー・非登録ユーザーから痛烈に非難されている。

【お前だれ?】

イカ墨パスタという名前で 主に絵や漫画を投稿している人間。

ほんわか系 4コマ漫画を描いたりしている 4コマ集 、Twitter 

 

【何があったの?】

とりあえず今までに起きたことをザックリと説明すると、

  1. イカ墨パスタ、話題になっていた4コマgramに登録。
  2. しかし"投稿方法がめんどくさい"ことを始め いろいろと不便・不透明な部分が多いことが分かる。
  3. Twitterでの運営の言動 に複数のユーザーが疑問を抱き始める。 
  4. gram運営 ユーザーからの質問や提案への回答がめちゃくちゃ、また特定のユーザーに必要以上の高圧的な応答をしていたことが判明。
  5. イカ墨パスタ、見切りをつけ「怖いので、もう投稿しない」とTwitterで発言。何人かのユーザーも同様のツイートを投稿。
  6. 運営激怒、イカ墨パスタを晒し上げRTとともに「謝罪か法廷で争うかしてもらう」と宣戦布告。
  7. 一晩中 外野のユーザーとレスバトルを繰り返したのち、該当ツイートを削除。

さらに575要約すると、

" 運営が 感情的に なっちゃった "

といった感じである。(少なくとも被害者側から見れば)

該当ツイートは削除・謝罪こそされたものの、当事者への謝罪等はなく 未だ 荒らし扱いのまま "なかったことにされた"。

 

ここからは、上記の7つの内容を より細かく書いていく。

 

続きを読む

サイバーパンクの奥底まで ”RUINER”【ゲーム雑記】

 

 

先日発売された" RUINER " をクリアしたのでレビュー。

1年ぐらい前に このゲームの存在を知り 平沢進が楽曲提供するなどのアナウンスを最後に なかなかRUINERの情報を 日本で聞くことはなかったが 2017年E3にて RUINERの発売日が発表され Steamで予約。また、このゲームのため新PCも購入した。

f:id:IKSM_pasta:20170928233256j:plain

ブレードランナーのような サイバーパンクの世界観を意識し 丁寧に作られており、同時に 見下ろしシューティングゲームとしても よく作られているように感じた。

難易度はノーマルで、クリアには3日かけた(時間的には9時間くらい)

ストーリーなどはザックリと紹介し、本作の雰囲気に対するこだわり を語りたいと思う。

 

続きを読む

パスタが影響を受けた音楽集【邦楽】

イカ墨パスタです。

デザイン・漫画イラストを手掛ける者として、今まで数えきれないほど  映画・絵画・漫画・アニメ を観て 影響を受けてきたのですが、音楽から受けた影響について あまり語る機会がなかったので、今回 こういった記事を作ることにしました。

絵を描く人間が 音楽から受ける影響って、少なからずあると思いますし 重要なことなのではないかなと。

 

続きを読む

4コマgramについて、個人的総括。【前半】

【本記事は 訴訟騒動より前に書いていた下書きを、再編集したものである。】

 

前回、4コマ漫画SNS「4コマgram」への疑問をまとめた お粗末な記事を書いた。

その時は「改善の余地あり」という風に書いていたが、調べれば調べるほど そんな余地はないと確信し 4コマgramへの投稿をやめることにした。

と同時に「4コマgram 怖い」というワードが なぜ生まれたのか、その原因を いくつか本記事で紹介したいと思う。これは批判というより疑問に近い。

もし 4コマを描こうと思っている方が 4コマgramへ足を踏み入れようとしているなら 一意見として 判断してほしい。

 

【訴訟騒動に関して】

9月15日、4コマgramに 「漫画を取り上げてもらえなかった恨みをぶつけられても困ります」とレッテルを貼られ、「業務妨害・誹謗中傷だ」「法廷で戦う」などと突然の宣戦布告。さらに引用ツイートを使っての 晒しあげの刑をくらった。

その後、数時間にわたって 他ユーザーにも攻撃的なツイートを連発し、逆にイカ墨パスタが風評被害を被る形になってしまった。その後、騒動に関するツイートをすべて削除、一応形だけは謝罪したものの 晒し上げ行為などについての私への謝罪は 今のところなく この問題を法廷に持ち込むのかどうかも 表明がない。

このまま放置すれば「4コマgramは 批判に対して 脅迫まがいの返信をするサービス」というイメージがついてしまいかねないので 具体的に発言が欲しいものだ。

それに関しては 【後半】記事で詳しく 記述する。

続きを読む

【Steam】イカ墨パスタが買いたいPCゲーム【2017.9】

どうも、4コマ漫画を描いてる イカ墨パスタ です。

記事の前に ひとつだけ、

9月10日のALLSTAR5で まんまるシティ合同誌を買ってくれた方、ありがとうございました。BOOTHによる通販もあるようなので、東京に来れなかった方も ぜひどうぞ。

 

では本題に戻ります、9月は私の誕生月なのですが それに各インディーズゲーム会社さんが合わせてくれたのか たくさんの面白ゲームが発売されます。ありがとう!。

しかも最近 PCを買い替えたのですが、おそらくそれも世界中に知れ渡っているんだと思います。いえい。

というわけで イカ墨パスタがやりたいゲーム を いくつかご紹介します。

 

"Cuphead" 1930年代のカートゥーン と 80年代の高難易度ゲームの融合。


Cuphead Announcement Trailer | Xbox One | Windows 10 | Steam

"Cuphead" は 別の記事でも紹介したりしていたのですが、いよいよ発売です。

1930年代の懐かしいカートゥーンアニメーション を 横スクロールアクションとして動かせるというコンセンプトで、デザイン・背景・音楽から何まで アナログで作られている作り込みよう。

しかもゲームとしての難易度は高めで、即死ではないものの 慣れないうちは 十数秒でゲームオーバー。敵の攻撃や特徴を覚えて適応していくのを楽しむゲームです。

ただ このCuphead、発売までの道のりが非常に長かった……!

構想としては2000年ぐらいからあったらしく 当時はCupheadを作ることはできずに断念するも、2010年から開発を始め 今日に至ります。そして 2014年のE3で登場。

2014年の段階で 「これはすごいゲームがきたぞ」みたいな声も出ていましたが、その時はプレイできなかったし、ゲームアートも 半分以下しか 完成していない状況。

そして2015年、2016年と 連続でE3に出続けているのに 発売時期未定。しかも2016年には「2017年への延期」を発表するなど 期待と不安が ごちゃまぜになる怒涛の3年間でした。でも仕方のないことです。

公式が、作画風景収録風景 を公開してるので それを見れば 「このゲームが なぜ延期になったのか」が 理解できます。 それだけでなく何度もE3に出展したことで 客から難易度や協力プレイのアドバイスをもらい クオリティUPにも繋がったのですよ!!

Cuphead、自分はサントラも含めて買うつもりです。

Cuphead - Xbox One - Windows 10 - Steam

 

"RUINER" ダーク・サイバーパンク・アクション・シューティング…!?


RUINER - Ugly Heart Trailer

もともとサイバーパンクが好きな私からすれば、それだけで高評価なのですが。

サイバーパンクでアクションシューティング、実はこういうゲームはないわけじゃないですが このクオリティで遊べるとは! という感じです。 初期のトレーラーでは、よくある見下ろし型シューティングかと思っていたら 新トレーラーで多彩な武器がでてきて「ドヒャー!」ですよ。

このRUINERは 世界観がいいのですが、サイバーパンクゲーでは 描かれないことがある"昼の街並み"も描いていて そこがさらに評価高い。あの昼間の死んだような感じがすごくサイバーパンクしてて最高です。主人公もカッコいい。

あと、あの平沢進 が 音楽提供している というのもなかなか衝撃的!!!

買いです。

RUINER GAME

 

"RAID:WW2" 第二次世界大戦版 PAYDAY だー!


RAID World War 2 - Cinematic Trailer

PAYDAY2 大好き人間こと イカ墨パスタが 購入を迷っているCOOP-FPS

第二次世界大戦の最中、ナチスの基地に潜入・突入し 妨害工作をするエリートチームの一員として戦うというもの。ほとんどPAYDAY2 だ。

プレイアブルキャラクターにはアメリカ人、イギリス人、ドイツ人、ロシア人がいるが 今後のDLCなどで 日本人(Jiroクオリティ)が来るのだろうか…?。

心配なのは PAYDAY2,3 とRAID:WW2と GTFOの三つ巴になる状況と、あのCARSHOPやBOMB FORESTやらの Lion games Lion 制作であることなど 様々だ。ただ前者に関しては プレイ人口の奪い合いは起こらないであろう(発売時期も別々だし)。

失敗・成功を問わず ミッションが終わるたびに デスクに座ったヒトラーが何かしら反応してくれるのが 面白いので PAYDAY2と違って 何回もJOBをやりたくなる魅力がある。

ただ 現状優先度は低いだろう。

RAID: World War II

 

"APE OUT" ゴリラになって 邪魔なニンゲンをひたすら殺るバカゲー


APE OUT - Playable Trailer

まず「なんだこのゲームは!?」という感想。

ゴリラが超リズミカルに人を殺している!(殺すたびにシンバルがなって謎の爽快感)

Steamではデモ版が遊べるぞ。

2017年夏に 公開予定らしい。

 

4コマgram が いまいち流行らない理由

最近 登場した4コマ漫画 専用SNS「4コマgram」が 話題にあがったので、私もさっそく登録して 4コマをいくつかあげてみた、が

……う~ん、このサイト、大丈夫か?。

いろいろと 言いたいことが多すぎて TwitterやPawooじゃ語りきれないので、ここで問題点をあげさせていただく。

あくまで 4コマgramを思っての 発言であることを理解していただきたい。

まだ始まったばかりのサービスなので、改善の余地ありと期待してもいいだろう。

 

1. 盛り上がるとは思えないデザイン

まずパッと見た時に 分かる雑さ。大手サイトほどのクオリティを求めているわけではありませんが、これから人を集めようと思っているSNSとしては魅力が無さすぎる。

"誰かが描いた4コママンガをもとに、その作者のSNSアカウントやブログを訪れ、新しい出会いが生まれるかもしれません。"

と 公式で書いてあるが プロフィールから作者のSNSアカウントやブログに飛ぶのにかかるステップが他より 若干めんどうだよ!

意味不明なウサギ風のキャラクター、なぜか極端に画質の悪いトップ画、4コマgramという名前、準備中のページに URL入力で簡単に入れてしまうガバガバ管理…。

何より とても4コマに理解があるとは思えないのに「4コマの美学」と トップにデカデカと書いてありますが、説得力がないです、薄っぺらい。薄っぺらいよ。というか、そんな変な付加価値つけようとするより もっと良い宣伝方法や うたい文句あるだろう。

  

2. 投稿がめんどくさい

4コマgramは 投稿する際に 漫画を 1コマ1コマ 切り分けて 4つの画像にしなければならない。アナログの場合は完成した4コマを 1コマずつ撮影、デジタルの場合はトリミングする必要があるのだが、これは 4コマgram の都合に ユーザーが合わせなければならず ユーザー側が一方的に不便だ。

せめて投稿時に画像をトリミングできる仕様にしておけば、多少は便利だったろうに、完全にユーザー側に めんどくさい処理を任せてしまっていて、言わば"手抜き"だ。察するに 4コマgramは こういったサイト運営の基本的な部分が理解できていない。

有名な イラスト・漫画投稿サイトが盛り上がっているのは 運営の努力以上に ユーザー側の力が大きいことは 言うまでもないだろう。決してユーザー側がエラいと言っているわけではなく、こういったタイプのSNSは 創作者と閲覧者による "需要と供給の満たし合い" によって成り立っているので、必然的にユーザー依存になるのだ。

そのユーザーに 継続的にコンテンツを投稿してもらうため・利用してもらうために 使いやすいUIやシステムを構築するのが 運営側の役目であると言えるだろう。

4コマgramも同じように ユーザーが投稿するコンテンツに依存しているわけだが、上記のめんどくさい投稿システムでは いまいち投稿し難いし、4コマgramのために 1コマずつ描く気にもなれない。

使いやすい → 人が投稿する という式が できあがっていない状況でスタートしている。

収入のためにオチを隠す 4コマgramの特性上、四角い4コマを排除するなどの狙いがあるのかもしれないが、何にしても ユーザー側に 1コマに分けなければならない理由を説明するべきであろう。

 

仮に投稿しても アマ作家の4コマは「予選落ち」にぶち込まれる。この名称ではモチベーションあがんねぇよ…!。

2017/09/07. 「予選落ち」から「保存庫」へ名称が変更。予選落ちよりはマシだけど、保存庫って……。

 

アマよりプロを目立たせるのは 分かるが、それを露骨に表すのは アマ作家を増やそうと思っている4コマgramの理念といろいろかけ離れているだろう。アマを落とすのではなく、プロを上げろ。 

 

3. 全体的な不透明さ・懸念

4コマgram は ざっくりとしたシステムと 知名度のあるユーザーを取り込んで なんとか成り立っているが、改めて見ても 胡散臭いサービスだ。

まず 4コマ投稿に関する 具体的な説明やガイドラインが どこにも載っていないので、二次創作はありなのか? 再掲でもいいのか? などが ハッキリとは分からない状況だ。

規約には

とか いろいろ それっぽい禁止事項が並べられているが、現状 プロ作家が二次創作マンガを投稿しているし、4コマgramからTwitterに飛び出して 規約の範囲外であることをいいことに ドラえもんの漫画を固定ツイートにしていたりと、謎が謎を呼ぶ。

そのくせ 肖像権的にアウトっぽい4コマへは 露骨に嫌な態度を示し「違法な4コマあげたら 威力業務妨害で訴えるぞ」とは どういうことなのか。

違法な4コマとは 何なのですか? 

 

退会に関しても 規約には

  • ユーザーが退会を希望する場合には、ユーザーは、当社所定の方法により、当社に退会の申出を行うものとします
  • とあるが、どうやって退会するのか?私が見る範囲では 退会ボタンはないように思える。まさか4コマgramのメールに 「退会したいです」 とでも送れというのか。

というか規約を変更したのに、メール通知も サイトでの告知もなしかよ…!

 

 

 

 

説明不足なのは 広告収入などに関してもだ。このSNSが いい加減な管理と運営で 楽して儲けようとしているのは 分かるが(というかそう思われても仕方ない)、プロ作家に配られる 具体的なギャランティは不明で、いまいちモチベーションに繋がらない。

運営会社であるナックルボールも不透明 というか実態がよく分からない、従業員も不明で、社長の日野も謎。 

説明不足が故に 4コマgramは "得体の知れない 広告収入サイト" にしか映らないのだ。

 

4. 悪い意味でYoutubeっぽい、そして4コマ の扱いが下手。

"4コマ版ユーチューバー" という表現を 公式が使っているのだが、まったくその通りだ。

4コマgram はプロもアマも 4コマ漫画の1コマ目しか表示されず「残りの3コマが気になるなら クリックしろ」という仕様だ。これもめんどくさい。

結果、1コマ目が動画サイトで言うところの "サムネ" になってしまい サムネでどれだけ人を集められるか という悪い意味で Youtubeっぽくなってしまっている。サムネが可愛い4コマは いいねが多かったりするぞ。

 

もう周知の事実だが、4コマgramは4コマの扱いが下手だ。

4コマの利点は 軽く読めることだ。速いものは数秒で読み終わることができる。

しかし4コマgram は 1コマ配置で その手軽さを削ってしまっている。4コマが投稿サイト向きじゃないのもあって、不便だ。しかし4コマgramが広告収入で稼ぐためには 仕方のないことだ 我慢しよう。面白そうな4コマは確かにクリックしたくなるし。

 

が、私の4コマにした行為は 4コマとユーザーに対する侮辱にも思える。

 こちらのツイートと動画を見ていただきたい。そして こちらが 4コマgramにアップしたものだ。

反射 - イカ墨パスタ 作 | 4コマgram

 

  • 見てほしいわりに PCだとリンクないじゃん!
  • 4つに分けさせておいて、コマの順番 違うじゃん!
  • こんな4コマのために使った 貴重な10秒が無駄じゃん!

だんだん批判から 怒りへとヒートアップしそうなので、ここでやめておく。

以上。

壁、労働者、権力。 " THE WALL 墙 " 【ゲーム雑記】

 

中国産の 検閲制度を題材にしたゲーム "THE WALL 墙 " をプレイした。

プレイ時間は 1時間かかるか かからないか ぐらい

壁にハマったり、若干 操作性や 物を拾うのに苦労する時があるが、短い内容なので 苦には感じなかった。あと安い。

f:id:IKSM_pasta:20170623194344j:plain

 

世界観はシンプルで、それでいて冷酷

ネットの世界を 具現化・視覚化した サイバー空間では、ほぼ すべての人間が 兵に監視されながら 黙々と歩き続けている。

f:id:IKSM_pasta:20170623194950j:plain

 

ここに自由はなく、列から離れるだけで 兵に銃を向けられ 

「列に戻れ!」 この命令を守らないものは 即 射殺される。

f:id:IKSM_pasta:20170623195445j:plain

プレイヤーが この兵士達に対して 有利に立ち回ることは "ない"。

 

"壁" を壊して "当たり前" を手に入れる

 

 我々は ネットを活用して 様々なことをする。何かを調べたい時 Googleで検索をしたことはあるだろうか?  何かを見たい時 Youtube を開いたことはあるだろうか?

この世界では それができない、壁があるからだ。

f:id:IKSM_pasta:20170623200613j:plain

 

 

 

THE WALLの目的は「壁を壊し、見たいサイトを見ること」

そのためには ツルハシで壁を壊し、兵士から鍵を盗まなければならない

もちろんコソコソと 静かに。

f:id:IKSM_pasta:20170623200957j:plain

f:id:IKSM_pasta:20170623201013j:plain

f:id:IKSM_pasta:20170623201024j:plain

 

プレイヤーが操作しているのは、無力な労働者ではなく 革命の英雄なのかもしれない。

 

 

THE WALL と "政治的な背景"

 

このゲーム そして このゲームが作られた経緯は ストアに書いてあるように「ネット検閲制度に不満があるから作った」と非常にシンプルなのだが、 そこには 非常に めんどくさい 政治的背景がある。

あくまで 作者は 政治的な思想について とやかく言っているわけではなく、「中国の ネット検閲制度について 不満がある」 というだけのようだ

というのも 中国の検閲制度は厳しく、日本でも 一時期 ニュースなどで取り上げられ 話題になった。(一部ワードで検索できないとか アクセスできないサイトがあるとか)

 

個人的に THE WALLが 全体的に青っぽい色なのは、何か意味があるのだろうかなどと 勝手な深読みをしていたのだが、Gameover時に 画面が真っ赤になるのは あからさますぎる と感じた。

 

THE WALLに明確なストーリーはないが、現実の中国が その役割を果たしてくれるだろう。 とにかく楽しかった。